讃岐うどん

香川県は日本一面積が狭い県で、人口も多くない。にも関わらず、うどんの生産金額は全国2位。1世帯あたりの消費量では、ぶっちぎりの1位である。

うどん巡りは香川観光の定番となりつつある。

このサイトの管理人は、まだうどん巡りと言えるほど巡れていないのだが、お勧めできる店を2つ紹介する。

 

こがね製麺所

香川県こがね製麺所

香川県こがね製麺所2

県下最大の店舗数を誇る讃岐うどんチェーン。

讃岐うどんは、味に加えて価格競争が非常に激しい。

うどん屋との競争に敗れて、高松中心部のマクドナルドが撤退に追い込まれたという噂すら流れるのが香川県である。多店舗展開を行うには、味、値段ともハイレベルでなければお話にならない。

 

ちなみに全国区で名前を聞く「丸亀製麺」は兵庫県の会社である。意を決して、本場香川にも乗り込んだのだが、1号店はあえなく閉鎖に追い込まれた。

ちなみに当サイトの管理人は兵庫県民。丸亀製麺が、本場香川で勝てるように応援している……というわけでは別にない。

とりあえず、こがね製麺所のうどんには感激した。

 

牟礼製麺

香川県牟礼製麺

香川県牟礼製麺2

香川県東部、JR志度駅近くのうどん屋さん。

平賀家の当主に聞いても、町ゆくおば様に聞いても大絶賛。

メニューには、かけうどんや釜揚げといった定番にくわえて、きつねうどん、わかめうどん、月見うどん、カレーうどん、中華そば、素麺と、地元の食堂といった感じ。ローカルな讃岐うどんが食べたいという人には、特にお勧めだ。

 

たらいうどん(番外編)

たらいうどんとは、徳島県の郷土料理。その名の通り、たらいに入れて食べるうどんだ。そんなものを、ここで紹介しているのには訳がある。

当サイト管理人は、通販で何種類かの讃岐うどんに加えて、たらいうどんも買ってみたのだ。するとあら不思議、一緒に買った讃岐うどんよりも美味しかったのだ(低~中価格帯の讃岐うどんだったという事もあるかもしれないが)。

香川県に近いせいか、たらいうどんもコシが強く、讃岐うどんによく似ている。

ちなみに、伝統的なたらいうどんは川魚でダシを取るが、通販で買った「株式会社 山のせ」のたらいうどんは「いりこダシ」なので、たらいに入れずに食べれば、おおむね讃岐うどんである。

たらいに入れて食べても、ただの釜揚げうどんのような気がしなくもないが……。まあ、味は確かである。

 

たらいうどんの通販だが、少量の場合は、「徳島物産センター」という店舗がお勧め。
たらいうどん2食つゆ付【徳島名産の家庭用お土産】
たらいうどん一人前(麺のみ)【徳島名産の家庭用お土産】

より多く買う場合は、山のせのショップがいいだろう。
お手軽たらいうどん(8食)