お勧め度 ★★★★☆
個性 ★★★★★

徳島の山奥、東祖谷には「かかしの里」がある。

集落のお婆さんが作ったカカシが、そこかしこに置かれている。これがなんともユーモラスな表情で面白い。またカカシに生活感が出るように、服装、ポーズ、農機具等をうまい事組み合わせている。

しかし集落には人影がほとんど見られないため、まるでカカシに乗っ取られた村にも感じる。たぶん夜中に訪れると不気味だろう。

カカシの造形は老人が多いが、子供のカカシも結構いるように感じた。

しかしこの限界集落に、人間の子供はほとんどいないだろう。穿った見方になるが、滅びゆく集落の願望がカカシに反映されているのかもしれない。

エリア

徳島県西部

関連サイト

特になし