香川県桃太郎神社

香川県桃太郎神社2

鬼無駅

お勧め度 ★★☆☆☆
個性 ★★★★☆

香川県には桃太郎にまつわる伝説が残っている。大雑把にまとめると……。


地方開拓のために香川を訪れた桃太郎は、住人が鬼に苦しめられている事を知り、家来とともに鬼退治に向かう。

家来はお馴染み犬猿雉だが、動物ではない。犬は航海術に長けた岡山県犬島の住人。猿は陶芸師猿王。雉は鬼無町雉ヶ谷の弓の名人。

家来を引き連れた桃太郎は、鬼ヶ島(女木島)に向かい、鬼との戦いに勝利した。しかし桃太郎が引き上げた後、鬼が香川本土に逆上陸して攻めてきた。

桃太郎達は鬼を迎え撃ち全滅させた。

そして鬼がいなくなったので、その土地は鬼無と呼ばれるようになった……。


 

そんな伝説が残る鬼無地区には、桃太郎神社が建っている。境内には鬼塚や犬猿雉の墓などもあり、ちょっとシュール。他にもJR鬼無駅のプラットホームには、桃太郎電鉄のオブジェが置いてあったりして、やっぱりシュール。

ちなみに鬼無の特産品は松盆栽で、全国シェアの8割を占める。このサイトの管理人が取材した時は高松の玉藻城で、鬼無の盆栽が展示されていた。

鬼無 松盆栽

エリア

高松市郊外
桃太郎神社は、JR鬼無駅から徒歩15分から20分程度(道が分かりにくいので注意)。

関連サイト

鬼無 – Wikipedia