高知県四万十市_四万十川

お勧め度 ★★★★★
個性 ★★★★☆

「最後の清流」として有名な、四国最長の川。

実は四万十川よりも水が綺麗な川は、四国内にいくつもあるのだが、それでも「最後の清流」と呼ばれるのは、大規模なダム開発がほとんどされておらず、自然の姿がよく残っているからだ。

 

高知県四万十市_沈下橋

ダムが少ないという事は、急な増水に見舞われる可能性が高いという事でもある。そのため、水につかる事を前提にした沈下橋がいくつもかけられている。

上の写真は岩間沈下橋。長さは120mに及ぶ一方で、非常に狭く、車と人が行き違うこともできない。

 

観光の拠点になる駅は、JR江川崎駅か、土佐くろしお鉄道中村駅。

江川崎駅は四万十川中流部の無人駅。すでに周りが雄大な自然に囲まれている。カヌー体験施設「四万十・川の駅 カヌー館」まで2kmぐらいの立地。

中村は四万十川下流にあり、この地域の拠点都市。応仁の乱で京都から逃れてきた人たちが、京都を偲んで町作りをしたので、「土佐の小京都」と呼ばれている。全国に存在する小京都と呼ばれる町の中でも、とりわけ京都に似ているとされる。

中村駅~江川崎駅の間には、乗り捨て可能なレンタサイクルターミナルがいくつか設置されているので、体力に自信がある人は、四万十川沿いを走るのもいいかもしれない。

時期によっては、高知西南交通が周遊バスや観光バスを出しているので、それを使って観光するのもよい。

 

高知県新幹線

高知県ホビートレイン

JR江川崎を含む、JR予土線には個性的な列車が走っている。特別乗車料とかはないので、見かけたら乗ってみるべし。

 

最後に……。四万十川観光は大変お勧めだが、アクセスはそれなりに悪い。特急、普通列車ともに本数が限られている。特急を使った場合、高知駅から江川崎駅までは2時間半。高知駅から中村駅までは、1時間40分ほどかかる。特急が使えない場合は、それぞれ4時間半、3時間半ぐらいかかる。鉄道を使う場合は、時刻表をよく確認しておくように。

エリア

高知県西部

関連サイト

周遊観光バス|高知西南交通

四万十 川の駅 カヌー館|高知県四万十市西土佐