愛媛県は、みかんの生産量が全国2位。それに加えて、多種多様な柑橘類を生産しているのが特徴だ。

 

せとか

愛媛県_せとか

愛媛県のシェアが70%。当サイト管理人が食した愛媛の柑橘類の中で、最もお勧めの品種。

甘みの中にかすかな酸味が効いていて、バランスが良く爽やかな味。

サイズは、みかんより大きい。皮の厚さはみかんと同程度。最初は指が少し入りにくいが、その後は簡単にむける。

実と実がしっかりくっついているが、外す時に薄皮がやぶけるような事はない。各房の大きさも均等で美しい。

見た目、味、ともにハイレベル。

シーズンは2~3月。

Amazon

せとか
調査時価格 家庭用5kg 3000円

楽天

せとか
調査時価格 優品3kg 3000円

はるか

愛媛県_はるか

愛媛県がシェア45%と全国トップを占める柑橘。

色、形が少しレモンに似ているが、すっぱそうな見た目に反して、プリプリした食感と優しい甘さが特徴。

皮は厚めで、最初に指を入れるのにやや苦労する。一度指が入れば、あとは簡単にむける。

マイルドな味なので、薄皮ごと食べて少々の苦味を足したほうが美味しい気もする。

シーズンは2月。

Amazon

はるか 柑橘
調査時価格 秀品4kg 3000円

楽天

はるか 柑橘
調査時価格 5kg 3000円

はるみ

愛媛県_はるみ

みかんより大きな柑橘。愛媛県のシェアは30%で全国一。

一房が大きく、粒も巨大。食感や見た目で他とは一線を画する。

味はなんというか濃い。普通の甘さと酸味に加えて、独特の癖があり好みが別れるかもしれない。

一気に食べるのではなく薄皮をむいて、つぶつぶを味わうと楽しい。

房が大きすぎるためか、部位によって若干味が違うかもしれない。

シーズンは2月。

Amazon

はるみ 柑橘
調査時価格 2.5kg 2600円

楽天

はるみ 柑橘
調査時価格 5kg 4620円

伊予柑

愛媛県_伊予柑

伊予は愛媛の旧国名で、愛媛を代表する柑橘の1つ。愛媛県のシェアは9割。

皮はやや厚め。むいた瞬間に汁が溢れ出すぐらいジューシー。香りは強く独特。

大ぶりで、他のマイナー柑橘に比べると値段も安い。

シーズンは1~3月。

Amazon

伊予柑
調査時価格 訳あり品10kg 2200円

楽天

伊予柑
調査時価格 訳あり品10kg 2300円

愛媛の柑橘紹介後編はこちら